FX口座開設のファクトリーナビ

FXの跳ね返しラインの力の強さと時間軸との関係

トレンドラインは、投資ではよく用いられます。そのラインを引いておくと、いわゆる超えづらい壁などが分かってくるからです。
一般的にそのラインは、ヒゲの先端を2つ以上結ぶ事が多いですね。長いヒゲが上に伸びているロウソクなどはとても多いですが、そのようなヒゲをいくつか結んで、ラインを描くことになる訳です。FXでは、そのラインが意識される事が非常に多いです。
ところでそのラインにも、色々な種類があります。超えやすい壁とそうでない壁があるのですね。
例えばある時にラインを描いたとします。そして現在の価格が、そのラインよりも下のエリアにあるとしましょう。
そしてちょっと時間が経過して、現在価格がラインの近くになりました。つまり超えるか超えないかという重要局面ですね。
そしてラインによっては、その上昇を阻むことが多々あります。しかしあっさりと超えてしまう事もあるのですね。
ではそのラインの違いはどこから生じるかと申しますと、たいていは時間軸です。基本的には大きな時間軸に関わるラインは、かなり強力だと考えて良いでしょう。
例えば5分足などのラインの場合は、かなりあっさりと超えられる傾向があります。ところが1時間足などのラインの場合、なかなか超えにくい傾向があるのです。5分よりも1時間の方が、当然時間軸は大きいですね。つまり大きい足に関わるラインは、それだけ抵抗力が強めになっている訳です。5分足のラインの少し上に1時間足のラインが引かれている事も多々あるのですが、5分足のラインはあっさり超えても、1時間足で跳ね返される事はよくあります。
そして当然ですが、1時間足よりも大きな時間軸もあります。日足や週足のラインともなると、さらに跳ね返す力が強めになるのですね。
つまりラインにも色々な種類がある訳です。週足のラインなどは、かなり強力な力を秘めていると考えて良いでしょう。
この力の強さの違いを知っているだけでも、だいぶFXの売買がやりやすくなると思います。

 

 

友達がおすすめしていたFXの会社で口座を作った私

 

以前に私は、友達のおすすめのFXの会社で口座を作ってみた事があります。
その友達は、その投資商品のベテランなのですね。友人は、以前にその金融商品で大きな損になった事があるのです。その金額はかなり大きいもので、数百万円を超えていました。
それで友達はその負け分を取り戻すべく、自分なりに色々と勉強したのだそうです。その過程で、あるブローカー会社の存在を知ったようなのですね。プロの方もよく使っている会社なので、そこはとても良いという話を聞いたのです。
その話に興味を持った私は、その会社で口座を作りました。実は私は口座を作るのは、その時が初めてではありませんでした。今まで1回口座を作った事があるので、要領などはよく分かっていたつもりです。
実際手続きなどは、とても速やかだったと思います。以前はFAXで身分証明書などを送信していましたが、その時はWEB媒体を用いて身分証を送った覚えがあります。あの方法は、やはりとても早いですね。安全性などを考慮すると、FAXよりもWEBで送る方が良いと思います。
そして数日後に、私はその会社での審査に通りました。それで実際にその会社のシステムを使ってみたわけですが、正直最初は面食らいました。思ったよりも画面がシンプルだったからです。てっきりもう少し凝った画面が表示されると思っていたので、ちょっと拍子抜けをしてしまった記憶があります。
しかしその会社のシステムは、とても良かったと思いますね。何よりも手数料が、かなりリーズナブルになっているのです。以前に使っていた会社に比べれば遥かに格安なので、あれはとても良かったと思います。
それとその会社の場合は、新規の注文をするまでのスピードもまた早かったです。以前に使っていた会社の場合は新規注文のためのクリック数がかなり多く、とても時間がかかりました。しかしその会社では非常にスピーディーに注文ができるので、とても使いやすかったです。
あの会社のシステムは、なかなか優れていると今では思います。良いFXの会社を紹介してくれた友達には、とても感謝しています。

 

 

なぜFXの大口トレーダーの方々は手数料が低めになるのか

 

金融会社は、ヘビーユーザーの方を優遇している傾向があります。そのため、それが手数料に反映されている事がしばしばあるのです。一部の金融会社では、多くの枚数で売買をしてくれるトレーダーは、手数料が若干リーズナブルになるのですね。
例えば1万枚以下で売買をする時の手数料は、300円になっているとしましょう。ところが10万枚単位で売買をする方々などは、それが優遇される事があるのです。本来であれば1万枚につき300円の手数料が発生しますが、10万枚の時には200円台などでの手数料で売買が可能な事があるのですね。つまり多くの枚数で売買をする方が、それだけ手数料が格安になってくる訳です。
ところでなぜFXの会社がそのようなシステムを採用しているかと申しますと、やはり多くの枚数で売買を行っている方を優遇したいからです。
そもそも金融会社の手数料は、パーセンテージ制になっている事が多いですね。10万枚で売買をした時の手数料が1%になっているのであれば、もちろん1,000円の手数料を徴収する事ができるでしょう。もっとも1%という数字は、かなり極端な例なのですが。
ところが1万枚で売買をした方から徴収する事ができる手数料は、わずか100円になります。つまり金融会社の目線からすると、1万枚で売買をしている方々の場合、あまり多くの手数料を徴収できない訳ですね。逆に10万枚で売買をしてくれる方の場合は、それだけ多くの手数料の利益が見込めます。まして100万枚での売買をしてくれるとなると、さらに多くの手数料が見込めることになるのです。
もちろん金融会社としては、10万枚で売買をしてくれる方が嬉しい訳ですね。ですのでわざわざ上記のような手数料の割引制度が発生している訳です。手数料の割引をしても、金融会社としては十分に元が取れると思っているのでしょう。
つまり金融会社は、大量枚数のトレーダーを優遇している傾向があるのですね。ユーザー側からするとそれは分かりづらいのですが、実際それが現実です。

 

 

バイオプのスパムメールと予備知識

 

バイオプはネット上の広告や、スパムメールで宣伝されていることがあります。ネット上の広告は正規の業者であることも多いのですが、スパムメールで紹介されるバイオプ業者は確実に詐欺ですので、利用しないようにしましょう。業者だけではなく、バイオプの必勝法を紹介している情報商材もあります。相場は生き物と同じで毎日変動があるものです。勝ちを増やすことは可能ですが、必ず勝ち続けることはできませんので、甘い謳い文句に騙されないようにしましょう。
このようなスパムメールでイメージが悪くなっているバイオプですが、ちゃんとした投資です。相場を読む力、冷静な判断力などが必要になります。損をしてしまった分、高額で取引をして取り戻そうとすると深みにはまっていく場合があります。引くときは引くような潔さも必要になります。
国内のバイオプ業者は規制により、バイオプ取引の知識テストがあります。規制前は誰でも取引が可能でしたが、今では基礎知識を身に付けなければ参加ができなくなりました。一定の点数を取らなければ、口座開設が不可能です。
バイオプの知識を付けておくと、取引にも有利になりますし、詐欺業者に騙されてしまう確率も減るのでおすすめです。国内業者を利用するなら、取引の種類や用語、仕組みなどは学んでおきましょう。知識テストは誰でも簡単に受けられますが、内容は単語や意味をしっかりと理解していなければ解けない問題ばかりです。
競馬やパチスロのようなギャンブルではありませんので、何も知らない状態で取引をすることは危険です。過去にも予備知識がなく取引をして、資金を失ってしまった例もありました。知識テストで出題されるものはバイオプについての問題だけではなく、投資の基本も出されます。ある程度、投資の世界にいる人は簡単かもしれませんが、まったくの初心者や投資をして日が浅い人には難しく感じられるでしょう。

FXは、仕事と似た一面があります。特に体調関連の意味で、両者には大きな共通点が幾つかあるのです。
そもそも私達は、何かの事情で体調不良になってしまう事があります。そのような事を会社に伝えると、無理せず休むように言われるケースがほとんどです。それで会社から、やむを得ず早退になるケースも珍しくありません。
ところで会社がなぜ従業員に対して早退を言い渡すかと申しますと、もちろん体調が心配なのもその1つです。仕事によって従業員の体調が悪化してしまえば、やはりあまり良い気はしないでしょう。それで無理せずに休んだ方が良いと、上司の方から伝えられる事が多々あるのですね。
そしてもう1つ原因があって、体調不良な時には良い仕事ができないと考えているからです。やはり会社の上司としては、体調が万全である事を望んでいます。少なくとも体調不良な方に、大事な仕事をお任せしたくないと思っている事も多いでしょう。それで業務に支障をきたすのであれば、やはり体調不良の方には早退を言い渡す事になると思います。
ところでFXにも、その体調不良が大きなポイントになる事があるのですね。体の調子があまり良くない時には、基本的にはこの商品で売買はしない方が良いでしょう。その理由ですが、前述の仕事と同じです。体調不良になっている時には良い成績の売買が期待できないので、体を休めた方が良い訳ですね。
ちなみにFXでは、誰かから休めと言われることはまず無いでしょう。あくまでもそれは自己管理になります。
以前にあるFXのトレーダーの方が、ちょっと無理をして売買をしてしまった事があります。風邪をひいて頭があまり働か無い状態で売買をしてしまい、大きな損失が発生した事例もあるのですね。
前述のように体の調子が悪い時には、お仕事では良いパフォーマンスをする事ができない事も多々あるのです。FXもそれは同じなのですね。ですのでこの金融商品での売買をする時には、普段のお仕事と同じく、あまり無理をしない事も大切だと考えます。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:22:22

人々が金融関連の商品の申込みをしますと、たまに審査落ちになる事があります。何らかの理由があって落とされてしまう訳ですが、そのような時にはしばらくの間は再度の申込みが難しくなる事があるのです。
例えばAという金融会社で、申込みをしたとしましょう。ところが残念ながらその会社で、落とされてしまったとします。そのような時には、B社で申込みをしてみる方法も一応あるのです。
しかし金融関連の商品では、B社では落とされてしまう事が多々あります。特に借りるタイプの商品などは、その傾向が顕著です。
なぜならA社とB社は、情報共有のシステムを用いています。それでB社に対して、A社にて落とされた事実が伝わることがあるのです。それで再度の申込みが難しくなる事が、多々あります。
ところでFXは金融関連の商品になりますが、それは上記のような事柄は余り関係無いのです。1つの会社で落とされても、問題無い事が多々あるのです。
そもそもこの外貨を用いる商品の場合は、共有のシステムは無いのです。他の会社にて落とされた事実などは伝わらないようになっているので、余り関係ないのです。
ですので例えば上記のようにA社で落とされた時には、B社の新規申し込みでチャレンジをする事もできます。それでB社で通っている事例も、多々あるのです。
ある意味それは、この金融商品のメリットの1つとも言えるでしょう。折角口座を作りたいと思っていても、落とされてしまうのはとても悲しいですね。しかし別の会社で申込みをすれば口座を作れる可能性は多々ある訳ですから、チャレンジしやすい商品とも言えるでしょう。
またFXの場合は、同時申込みも可能です。前述の借りるタイプの商品の場合は、複数の会社で同時申込みをしてしまっていると、音されてしまうケースが多々あります。しかしこの外貨を用いる投資商品の場合、落とされない事も多々ある訳ですね。
FXとクレジット関連の商品は、どちらも金融というジャンルには該当します。しかしその審査の基準などは、全く異なっている訳ですね。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:22:22

金融会社は、たまにセミナーを行っています。それも投資関連のセミナーが実施されることも、度々あるのです。
それは、いわゆるWEB媒体で受講する事ができます。どこかの会場に足を運んで受講するスタイルではありませんので、とても便利です。会場に足を運ぶとなると、移動の為の手間がかかってしまうでしょう。しかしWeb媒体の場合は自宅などで受講する事もできるので、場所を選ばないのですね。
ところでFXにもそのようなweb媒体のセミナーがあるのですが、それはぜひ参加すると良いでしょう。上級者の方々なども、それに参加してみるのが良いと思います。なぜなら参加をしますと、たまにとても珍しい方にお目にかかれる事があるのです。
私は以前に、ある金融会社のセミナーに参加をした事があります。仮にその会社をAとしましょう。そしてその時に講師を勤めた方は、かなり珍しい方なのですね。A社の社長の方が、その講師を勤めていたのです。
私はその社長の方によるセミナーの内容を、今なお覚えています。かなり貴重な話を聞く事ができた覚えがありますので、あれはなかなか楽しい時間を過ごすことができました。
またそのセミナーの内容を聞いてみて、私はその金融会社のシステムはかなり優秀だとも思ったのです。他のB社やC社などの金融会社のシステムに比べるとスペックが高めになっている事が、よく分かったのですね。いわゆる宣伝などの目的も有ったのでしょう。
そのような金融関連のセミナーでは、FXのトレーダーの方々が講師役を行っている事は度々あります。しかし会社の社長の方が講師を行っているのは、とても珍しいですね。しかもそのようなセミナーに限って、とても面白い話を聞けることがある訳です。この金融商品での上級者の方でも、かなり興味深い話を聞けることができるのではないでしょうか。
ですのでたまには金融会社のセミナーに、参加をしてみると良いと思います。息抜きがてら参加をしてみると、何か良い話が聞けるかもしれません。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:21:22