システムトレードの指標の種類

システムトレードを分類するときに、どのような指標を用いるのかを考えるのは効果的なことです。投資対象によって用いるものは異なりますし、取引期間によっても異なります。FXでの短期売買と株式の長期投資とで同じ指標を用いるべきではないとかんがえられます。FXの場合、どちらかというと短期売買を行う人が多いでしょう。短期売買に適したものがテクニカル指標です。トレンドが上昇しているから買いといった判断を行うのがテクニカル分析と言われる手法です。短期の価格の変動はテクニカルによって決まる部分が大きいですから、これは当然のことだと言えるでしょう。短期売買ではテクニカル指標を元にしてシステムトレードを行うのが基本で、そのために様々なテクニカル指標が用いられています。たとえばトレンドに乗って取引をするのならトレンド系テクニカル指標が用いられますし、ボックス相場で取引を行うためにはオシレーター系のテクニカル指標を用いることが多いです。

このように、条件で用いる指標を使い分けることも必要です。もう一つがファンダメンタルズです。ファンダメンタルズとは、価格の動く要因となる経済的な要因を分析する方法を指します。買う史記のシステムトレードを行う際にはファンダメンタルズを用いることが多いです。株式の場合、企業の収益力や資産力などを評価するために株価指標が用いられます。たとえば純資産倍率や株価収益率は基本的な株価指標です。純資産倍率を見れば、資産に比べて株価が割高なのか割安なのかを分かりますし、株価収益率を見れば、収益に比べて株価が割高なのか割安なのかが分かります。これらを用いると、割安な銘柄を見つけるのに役立つでしょう。割安な銘柄を見つけて集中的に投資を行い、株価が上がったところで売るというほうほうは、すでにバリュー投資として確立されています。他にも、割高なものを売って割安なものを買うというロング・ショート戦略もすでに確立されています。(fx業者の人気サイト